国民投票制度の弱点

支配者にとっての国民投票制度

   支配者にとっての「国民投票制度」は自分たちの権力・富・名誉...あらゆる物が奪われる制度だと言えます。ですから「国民投票制度」を潰す為にあらゆる手段を
  使います。(原発問題でもう世間は騙されないと思いますが...)自分たちが育てた大学の教授や専門家という人物から「国民投票制度」は危険、国際的な信用を
  無くす、迅速な対応が出来ない...など後から取って付けたようなロビーをする事は予想されます。彼らの根底にある思考は飼い主である支配者の為のシステム
  目指す事であって庶民の生活や利益を目指す方向とは真逆であるので水掛け論の全く建設的ではない議論になります。また、支配者は「国民投票制度」が
  導入された後でも「国民投票制度は失敗であるというロビー」や「国民投票制度賛成派を自分の駒を使って支配させて国民投票制度そのものを骨抜きにする
  工作。」をするでしょう。

プレビシットの危険

   「プレビシットの危険」とはある選挙で選ばれた人気のある人物が、民意とは違い独裁的な政策をする危険があるという意味です。
  「国民投票制度」とは人物ではなくある問題に対して民意を問う制度であり、人間である選挙で選ばれた政治家は「国民投票制度」を行う趣旨とは全く別のところに
  あります。当方の考えは選挙で人間を選ぶだけの現在のやり方は「プレビシットの危険」「傀儡政権」の為にあるようなものです。むしろ、「国民投票制度」を広め
  政治家の影響力と任務を変えていく事が正しいと考えます。

少数の意見が反映されない

   国民投票制度の結果に対して利益が相反する人は「障害や高齢などで福祉が必要な人など社会的少数弱者」「ある産業などで既得権を持った人」「移民」に分かれ
  ます。「障害や高齢などで福祉が必要な人」は何らかのサポートを考えていかないといけないと思います。しかし、「ある産業などで既得権を持った人」は原発問題の
  例でも解りますが、国民投票制度で決議されるほどの問題になればそれなりの理由があります。既得権者の意見よりも国民投票制度の結果を重視するべきです。
  それに、既得権者や業界の恩恵を破壊した方が庶民や将来の子孫の生活は良くなる場合の方が多いのは確かです。

   「移民」や外国人の意見を聞き入れる事は問題外です。経済的な理由にしろ、そうでないにしろ、移民は自国で生活する事よりも他国で生活した方が良いから移民して
  きました。彼らには国民投票制度に意見をする資格も投票する資格も与える必要はないです。移民は移住国の国民と混血が進み最低でも四分の三以上の血が移住国
  の国民の血にならなければ権利を得る事が出来なくするべきと考えています。

メディア・教育機関・宗教等を利用した洗脳

   当方も本サイトの主旨を持った団体を宗教法人・政治団体・市民団体・NPO法人のいずれかにしたいと謳っていますので矛盾はありますが....
  思考を強制する宗教団体やメディア・養育機関などによる国民思考のミスリードの裏には必ず支配者からの圧力や利権供与があります。支配者は国家支配の為にメデ
  ィア・教育機関・宗教等を駆使して政治や経済を操ります。私達は日ごろからこれらの情報が全て正しいのかを疑い、自分で研究する習慣をつけるべきです。

外国との軋轢

   外国との軋轢のない外交はないです。「国民投票制度」の結果で生じた両国の損失を最小限にする為には友好という言葉だけではなく、時には庶民レベルおいてもイン
  ターネット等を利用した激しい論議の場が必要だと考えています。「人種差別的な言葉」は良くないですが、相手を認めた上での建設的な会話を庶民レベルでも広めるべき
  です。

国民投票制度の結果が間違っていた場合

   人間がする事・政策には常に間違いが付いて来ると考えています。また、時代の趨勢によっては今まで正しかった「国民投票制度」の結果を変更或いは廃止しなくては
  いけなくなる時が来るはずです。その時は庶民による問題提起・署名を行ない、規定数以上の賛同者を満たせば「国民投票制度」による決定をすれば良いと考えています。

代理支配を終わらす為に

   国家でも政治でも企業でも....支配者は自分の都合の悪い人物が影響力のある立場になればその人物を潰しに来ます。銀行や企業の取引に関する引き締め、電車の
  中での痴漢でっち上げキャリア潰し、でっち上げ逮捕・訴訟そして暗殺や戦争まで様々です。彼らが言うところによると、「ある国家や組織を傀儡支配させる為にはトップ
  の数名を支配するだけで良い。」という事です。ですから、支配者はトップ数名を自分たちの駒に入れ替える為に自分たちの都合の悪い個人を攻撃します。

   当方は支配者が考えている事の逆をやれば良いと考えています。権力や重要な決定事項などを出来るだけ庶民の民意が反映出来るように分散させます。そして、ある
  問題を提起する場合は支配者或いは支配者の傀儡である個人に対しても抗議するようにします。



www.onrw.net.png

(Copyright-free picture)